サブメニュー

プロミスで今日に借りるためには

カードローンを早くに利用したい方に適する借り入れ先が、最短1時間融資のプロミスです。ネットで来店不要の申し込みができ、審査回答は最短30分と非常にスピーディな点が魅力となります。

 

アルバイトやパートの方でも、安定した収入があれば申し込みが可能な点も注目を集めており、プロミスなら急ぎの借り入れを希望される方にも人気の借り入れ先なのです。

 

 

プロミスの即日融資利用条件を知る

プロミスで即日融資を利用するためには、まずはネットで申し込みをして審査に通過をしておく必要があります。ネットでの審査完了後は銀行振り込みでの即日融資ならWeb契約で、より早くにすぐにカードを受け取りたいなら契約機を使うなど、希望に合わせて選べるようになっています。

 

ネットでのWeb契約による即日融資は平日の昼間の時間に限られるなど、制限が厳しいデメリットがあります。時間外となるとその日には借りられず、翌日以降の営業日の取り扱いとなってしまうのです。その点、契約機なら営業をしている間ならカードが受け取れる可能性があり、土曜日や日曜日などの銀行がお休みの日でも、契約機なら最短即日融資も可能です。

 

ただ、銀行振り込み融資と同じく、時間や内容によっては翌日以降となる場合もあります。例えば申し込み内容にミスがあって確認が必要になってしまうなどはよくあるケースで、しっかりと確認を市ながら申し込みをしていれば問題がなかった手続きも、焦ったばっかりにミスや不備が出てしまい、手間取った結果として即日融資の利用が不可となってしまうのです。

 

週末でも当日中に借りられるプロミスは、申し込みには十分に注意をする必要があります。いくら最短1時間融資であっても、プロミス土日即日融資にもあるようにしっかりと確認をすべきところは確認をし、無駄のない手続きの進め方をしなければならないのです。

 

ネットと無人契約機を組み合わせて申し込み

即日融資を受けたいと思っているのなら、無人契約機を利用するのがベストです。ネットで完結するタイプの申し込みだと銀行振込による融資になってしまうので、時間が遅かったり土日だったりすると銀行の営業時間的にすぐに振り込みが反映されず即日融資になりません。

 

一方、無人契約機ならば、その場でカードを発行してもらえて、ATMで即日融資を受けられます。土日も無人契約機は使えますし、銀行を通さないので銀行の営業時間も関係ありません。ただ、無人契約機の場合は狭いスペースの中で1時間ぐらい拘束されるのがデメリットです。

 

そこで、おすすめなのはまずネットで申し込みをしておき、カード受け取りだけを無人契約機でやる方法です。この方法ならば審査の連絡が来るまでは自由に過ごせます。審査の結果の連絡が来たら、そこで無人契約機でのカード受け取りをしたいと伝えて、無人契約機に向かえばOKです。無人契約機ではカードを受け取るだけなので、狭いスペースに長時間いる必要は全くありません。

 

ネット申し込みならネットだけを使う、無人契約機申し込みなら無人契約機だけを使うという先入観にとらわれがちですが、別に組み合わせても構わないのです。多少、手順が複雑化はしてしまいますが、確実に即日融資を受けたいときには便利です。

 

他の消費者金融でも有効となる手続き

ネットと契約機を使う最短即日融資は、プロミス以外の消費者金融でも有効です。ただ、少額利用であればさっと契約機で手続きが出来る消費者金融もあり、独立系大手のアイフルの最短即日融資に関しては、無人の契約ルームでの手続きならすぐに少額の融資も可能となります。

 

消費者金融と一括りにしてしまえば同じようなものですが、借り入れにあたってのルールや各条件は借り入れ先によって異なりますので、事前に参考サイトなどを見ながらよく調べておくと良いでしょう。